帯広アクアレースツアー レポート!
21 August 2018 | 10:23 am

18日(土)、19日(日)と帯広のバギーコース

アクアにてレースツアーに行ってきました。



当店に来ているお客さんや札幌からもエントリーがあって盛り上がりましたよ~

今回はムゲンワークスの大阪選手、鶴田選手を始め、スポーツクラスチャンプの平岩選手や、同クラス上位の

小谷選手、和久井選手、ベテランの島田選手や伊場選手など速い人たちが関東から大挙出場!

なかなか濃~いメンバーでのレースとあって、地元帯広や北見、札幌のレーサー達も気合が入ります。

 










今回は北広メンバーと前日入り。

晴天にも恵まれてしっかり練習できました。

 

いつもはHBのマシンを使用していますが、ブログでもお伝えしたとおり今回は借り物のムゲンMBX8。

久しぶりの違うマシンはやっぱり楽しみですね~。

一応、T's RACINGで組んでセッティングしてあるので構造は理解してますが、自分向けのセッティングではないので

どうなるのか非常に興味がありました。

 

まずは土曜日の1本目。

使い慣れたHBマシンで走行。

前回の帯広レースで使ったままなので、普通に走ります。

次にMBX。

標準に近いセッティングにはなっていますが、自分の普段使っているHBとはけっこう特性が違いました。

で、このアクアが地元のムゲン使いさんのセッティングを聞いてみると、ほとんど取説どおり。

調子よく走っています。

ここで選択肢は2つ。

1.いっぱい練習して手を合わせる

2.ガラっとセッティングを変える

 

迷うことなく2でしょう。若くないんで(笑)。

 

アンダーステアとか、オーバーステアの具合は、すでにロールセンターでセッティング済みなのでオッケー。

気になったのはジャンプの踏み切りでの失速。

元々がけっこう柔らかめの設定なので、アクアの高速で突っ込むジャンプでは合わせづらいです。

(ジャンプの手前できっちり減速して、うまくスロットルを合わせるとそのままでも大丈夫でした)

バネも、オイルも硬くします。

手持ちはHBのバネしかなかったので、指で縮めて何となく硬いやつを・・・

最終的に、フロントはHBのレッド、リヤは同じくゴールド。

オイルは、フロント#700、リヤ650になりました。

ジャンプの踏み切りでの失速も無くなり、飛距離を出しやすくなりました。

硬くした分、細かいギャップは拾わなくなりますが、特に気にならないのでOK。

次に気になったのは速度の伸び。

エンジンも借り物なので、あんまり絞りたくないし・・・

ギヤ比を変えてみました。

ベルを1枚上げましたが、ちょっとやりすぎな感じ。立ち上がりがかったるい。

スパーを1枚落として、ベルはノーマル。(46/13にしました)

 

ここまででだいぶいい感じ。

もう一声、ピーキーさを消したいところです。

アッカーマンを変更。

この車、即座に変更できてすごく便利。

HBならアップライトのカーボンパーツを変更しますが、MBXの場合はステアリングワイパーで5段階に変更可能です。

さすがレーシング屋さん。

ノーマルが真ん中なので、1個後ろに(アッカーマン角を多く)しました。

高速コーナーでグイっとハンドル切っても失速しなくなり、低速コーナーではしっかり曲がって好感触。

スパっと曲がるのが好みの人は物足りないかもですが、このくらいの方が安心してアクセル踏めます。

 

デフ。

ちょこちょこ変えましたが、最終的にF5000、S5000、R1000に。

やりだしたらキリがないので今回はこんなもんで。

 

あとは当日の路面に合わせて車高を変えるだけです。

 

予選を2回終えて総合5番手。

まずまずですね~。やっぱりトップ2の鶴田選手、大阪選手は速い。

地元の京商組、堀井選手、山田選手もさすがです。

 

一緒に行った坂本選手たちも調子は悪くなさそうですが、どうしてもミスが・・・・

体調不良で前日一緒に行けなかったゆうや選手も、今回は予選がビシっと走りました。

もう少しでAメイン確定のタイムでしたが、おしくもBメインから勝ち上がりを狙います。

 

レースの方はもちろん真剣にやるんですが、アクアのレースは「焼き肉レース」。

お昼休みは恒例の焼き肉が待っています。

 

地元のお肉とおいしいごはんで全員まったりしたところで決勝スタート。

 


天気予報では晴れだったんですが、焼き肉の終わりくらいからポツポツ降り始め、決勝Dメインスタート時には完全にウェット。

1/8バギーのレースは土砂降りでなければ決行です。

 

雨の中走ったDメインから坂本選手が見事に勝ち上がり。

Cメインでもけっこう知った顔がいっぱい。

坂本選手、なかなか調子良さそうですが、どうしても大事なところでミスっちゃうんですよね~。

もったいない。

 

小谷選手や平岩選手、和久井選手やなんと中標津の激速ドライバー熊谷選手もいる激戦のBメイン、

ゆうや選手に注目してましたが、なんとスタートでエンジンストール。すぐにエンジンをかけてピットスタートです。

すでにトップ集団はかなり離れましたが、レース時間は20分。

ラップが速いのでノーミスで行けばレース終盤には追いつく感じでしたが、やっぱり焦るんですよね~。

残念ながら勝ち上がりならず。

 

Aメイン。

Bメインからの勝ち上がり3名を加えて10台走行です。

私はスタートでうまく抜け出せてすぐ3位になりましたが、やっぱりトップ2台はすごいですね。

ついていくだけでオーバーペースです。

そうこうしているうちに、そろそろ給油の時間。

実は、決勝は10分給油を考えていました。

なぜなら、前日の練習走行で燃費を測った時に、なんと12分走ったんです。

10分なんて楽勝!と思ってましたが、甘かったですね・・・

トップ2台に追いつくためのオーバーペースで、知らず知らずに握り倒してたようです(笑)。

さらに、雨上がりの重たい路面で一気に燃費が4分飛んでったようで・・・

8分を回ったところでガス欠(笑)

回収してもらってピットから再スタート。

まるまる1周損しました(笑)。

気持ちを入れ替えて頑張って走ります。

最後の数周は須田選手とのランデブーを楽しんで最終的に4位。

いや~色々あったけど楽しかった(笑)。

車の方も良くまとまっている感じなので、安心してオーナーに返せそうです。

 

終わってからリザルトを見てびっくり。

ベストラップはトップでした(笑)。エンジン止まってちゃ意味ないですが・・・

再スタート後が速かったようで(笑)

 

面白かったのは鶴田選手。

さすがというかなんというか、最後に片づけてお疲れ様でした~、気を付けてお帰り下さいと

大阪さん達と別れの挨拶をしているときに、「瀧澤さん、最後タイヤ何だったんですか?」と。

すごい。速さに対する貪欲さというか、真摯さというかなんというか。

「決勝、僕よりラップ速かったんで!」

いや、ほんの100分の何秒かの話ですよ。そもそも優勝してるの君だし!

でもこの感覚は大事ですよね~。刺激的。

自分はもう忘れてますが(笑)。

なんぴとたりとも自分の前は走らせねぇ!という感じは大事です。

フュジティブのM4です。

また来て欲しいですね~。

前回の帯広は京商ワークス、先月はT's RACINGのコースにODのRYO選手、

今回のムゲンワークスもそうですが、みんなそれぞれアプローチは違っても、カテゴリーは違っても

そういう「熱さ」を感じました。

たまにはそういう熱に当てられるのもいいもんですね。

 

さて、TBっちさんに車を返すためにメンテしますか!

一応、セッティングシートを載せておきます。

無限ワークスでもなんでもない、田舎の店主のセッティングシートですが、まったり系のセッティングなので

びったり来る人もいるかも知れませんよ?!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


明日、明後日はイベントでお休みです。
17 August 2018 | 2:53 pm

さて、明日と明後日は帯広アクアRCサーキットでのイベントとなります。

久しぶりの1/8バギービッグイベントで、

有名選手を招いて行われる、アクア恒例の「焼き肉レース」!

 

今回は無限精機のワークスドライバー登場です。

天気も回復し、絶好のレース日より!

盛り上がりそうですよ~

image

明日18日(土)はレース参加者のみの公式練習日、

レースは19日(日)となります。

 

お近くの方、お時間の有る方はドライブがてらレース見学なんかも面白いと思います。

 

ようやく私も自分のレースカーをメンテしました。

 

 


そう、今回のみムゲンMBX8!

 

借り物ですが・・・

 

 

いつもメンテナンスで預かっているTBっちさんのマシンですが、

残念ながら本人は急な仕事で今回参加できず。

 

しょうがないですね~なんて話していたら、「店長、この車で走って下さいよ!」と。

それが昨日の晩の話。

急すぎる・・・

 

でも、なんか面白そうなのでやってみることにしました。

一応メンテしたし。

 

無限の車でレースに出るなんていつぶりだろう?

 

数十年前の、1/10電動バギー「ブルドッグ」以来だな・・・

 

ちなみにブルドッグはこんなの。

 


当時としては画期的なマシンでした。

4WD、4WS、2ベルトドライブ、3デフ、前後ダブルウィッシュボーンサスに、前後モノショックダンパー。

しかもオイルダンパーじゃなく「エアダンパー」!

子供の頃なので構造はよくわかりませんでしたが、ちゃんと減衰力も調整できて、ジャンプの着地なんかでは

プシュ!プシュッ!って音が(笑)

シャーシ構造も独創的。

デフ3つとベルト2本を包み込むようにドライブトレーン自体がシャーシ剛性を保つよう、樹脂の成型品をアルミ板でガッチリ挟み込んでいます。そこにモーターをマウント。ドライブトレーン自体がメインシャーシなんですね。

メカを乗せるための「底板」はカイダック。車も軽量でした。

 

フロントナックルが弱くてレースでは苦労しましたが、走りは良く、オーム模型のレースで初優勝したのもこの車でした。

いや~ 懐かしいですね。

 

明後日はそんなムゲンの最新マシンMBX8を使います。

色々楽しみ。

 

 

 

 

 


目前に迫ったアクア1/8バギーレースツアーに新たなゲスト!
16 August 2018 | 4:30 am

今週末に迫った帯広アクアの焼き肉レースに新情報!

 

事前に決まっていた全日本チャンプ 無限精機所属の鶴田選手、

スポーツクラスチャンプの平岩選手、同クラス3位でリックサイドデザイン代表の小谷選手に加え、

超大物登場!

2001年1/8レーシングカー世界選手権優勝、1/8バギー全日本で3度の優勝、など

輝かしいレース実績と、ムゲンRCカー開発の中枢。

まさにボスキャラ登場です。

 

これは必見ですよ~

 

エントリーはまだ間に合うようですのでお早目にご連絡下さい!

 

現在北海道は雨が続いていますが、ちょうど土日は晴れて気温も上がりそうです。

夏の終わり熱いレースになりそうですね!

 



More News from this Feed See Full Web Site